真夏日でも「猛暑関連株」下落 弱い消費が重荷に

2017/4/18 15:18
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 麦わら帽子は冬に買え――。株式市場の相場格言にこんな言葉がある。「旬の時期が来る前に割安な銘柄を買うと利益を得やすい」という意味だ。18日は関東で気温が上昇し、群馬県高崎市では今年初めて真夏日を観測した。だが、本来なら買われていいはずの“猛暑関連株”の値動きは低調だった。個人消費に力強さが欠けていることが格言通りに投資マネーが動かない背景にあるようだ。

 汗ばむほどの陽気が広がった18日、日経平均…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《締切迫る》秋割実施中。日経電子版が10月末まで無料!

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:00
7:00
東海 11:13
7:05
北陸 7:01
7:00
関西 6:30
6:00
中国 6:00
5:59
四国 10:57
6:00
九州
沖縄
6:00
21日 22:48

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報