/

日立、監視カメラの高画質と長時間記録を両立

■日立製作所 18日、高画質と長時間記録を両立した監視カメラシステムを開発したと発表した。カメラ撮影した高画質映像を、新開発の映像処理技術で圧縮してレコーダーに記録、超解像処理技術を搭載したソフトで復元する仕組み。従来システムで2週間だった記録期間を3倍以上の6~7週間まで長くできる。食品工場や金融機関など向けに10月から販売する。価格は監視カメラ50台、レコーダー、パソコンの標準システムで1000万~1500万円の見込み。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン