2019年5月20日(月)

名古屋の「レゴランド」公開 日本各地の町並み再現

2017/3/17 19:37
保存
共有
印刷
その他

約1050万個のレゴブロックで日本各地の町並みを再現するなどした屋外型テーマパーク「レゴランド・ジャパン」(名古屋市)が17日、報道陣に公開された。名古屋城をはじめ、東京など各地の景色を楽しめる「ミニランド」や水の中に入って海の生き物などを観察できる乗り物などがお披露目された。開業は4月1日だ。

同施設では2~12歳の子どもを持つ家族客を中心に、年間200万人の来場者を見込む。レゴブロックを実際に組み立てて遊ぶコーナーも用意されている。同日記者会見した運営会社のレゴランド・ジャパンのトーベン・イェンセン社長は「家族一緒に遊んでほしい」と語った。

広さは9.3ヘクタールで、投資額は約320億円。レゴランドは世界で8番目となる。日本では東京ディズニーリゾート(千葉県浦安市)、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市)に次ぐ国際的なテーマパークの開業となる。

ジェットコースターもあるが、いわゆる「絶叫系」の乗り物はなく、小さい子どもが親や祖父母と一緒に楽しめるようなアトラクションが多い。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報