バイオ後発薬に商機 日医工、9月にリウマチ薬申請
富士フイルムは抗がん剤を開発

2015/8/18付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国内製薬各社がバイオ医薬品の後発品にあたる「バイオ後続品」の開発・投入を加速する。後発医薬最大手の日医工が9月にリウマチ治療薬の販売承認を厚生労働省に申請。富士フイルムと協和発酵キリンなども抗がん剤として開発する。がんやリウマチといった難病に有効な薬として2000年ごろから普及し始めたバイオ医薬品では今後、特許が切れる製品が増える。各社は新たな成長市場とみて事業拡大を狙う。

米IMSヘルスがまと…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]