/

この記事は会員限定です

タクシー、AIで先回り ドコモなど実験 増収事例も

[有料会員限定]

NTTドコモは17日、人工知能(AI)でタクシーの需要を予測して配車に生かす実験の成果を発表した。人の動きや気象情報、タクシーの乗車実績などから30分後までのエリアごとの乗車数を予測し、タクシーの運転手に情報提供する。消費者にとっては混雑時もタクシーを拾いやすくなる。AIは新薬開発など産業分野での利用のほか、日常生活に役立つ用途の開拓が進んでいる。

ドコモの実験では、携帯電話が発する位置情報を利用して集めた人...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り698文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン