/

東芝、IHIから米WH株を買い取り 189億円で

東芝は17日、IHIが保有する米原子力子会社のウエスチングハウス(WH)の株3%すべてを約189億円で買い取ると発表した。東芝は5月17日付で買い取り、WHへの持ち分は9割となる。WHの米原子力建設サービス会社の買収を巡って東芝は巨額損失を計上する見込みで、IHIも損失リスクを抑えるため売却を検討していた。

ウエスチングハウス(WH)が原子炉を供給するボーグル原子力発電所の3、4号機(ジョージア州)

影響額や計上する時期は未定だが、東芝の自己資本や純資産が一定程度減る見込みという。

IHIはWHへの出資を決めた際、東芝に保有する株式の買い取りを請求できる権利(プットオプション)を行使できる契約を結んでいた。同権利を使えるのは原則、2017年10月1日からとの取り決めがあったが、IHIとは一定の条件を満たした場合に早期に行使できる契約もあったことから、実際に前倒しした。IHIはWHに原子炉の格納容器を供給するなど協力関係にあるが、同関係には変更はない。

WHにはカザフスタン国営で核燃料の製造などを手掛ける企業、カザトムプロムも10%出資している。IHI同様に買い取り請求権を持っている。東芝はカザトムプロムの動向については「答えられない」としているが、請求権を行使される可能性がある。WHを巡っては東芝は原子力の海外事業を縮小する方向で出資比率も引き下げる意向をかねて表明している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン