/

この記事は会員限定です

日本の宇宙ビジネス、海外からの受注がカギ

[有料会員限定]

月面探査が成功すれば日本の科学技術力とものづくり力を世界にアピールする絶好の機会となる。宇宙ビジネスは気象衛星や科学衛星やロケットの打ち上げが中心で、主に国内の政府機関から受注してきた。成長軌道に乗せるには海外展開を加速して、官需依存から脱却する必要がある。

国内の宇宙産業の売上高は約3000億円。外国の企業・政府からの受注増が課題だ。三菱電機はシンガポールやカタール、トルコで受注実績があり海外展...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り246文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン