GSユアサ、17年から次世代電池生産 EV走行距離2倍

2015/8/18付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ジーエス・ユアサコーポレーション(GSユアサ)は2017年から独ボッシュや三菱商事と共同開発する自動車向け次世代リチウムイオン電池を生産する。電気自動車に搭載すれば、走行距離が従来の2倍になるのが特長で、3社で設立した合弁会社での開発が進んでいる。3社は量産に向けて準備を急ぎ、国内外の自動車大手から大型受注を狙う。

GSユアサ、ボッシュ、三菱商事は14年初めに合弁会社「リチウムエナジー&パワー」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]