/

この記事は会員限定です

東芝、相談役の廃止検討 西室氏は年内にも退任

[有料会員限定]

東芝は相談役制度を廃止する検討に入った。現相談役の西室泰三日本郵政社長は、年内にも東芝の相談役を退任する見通しだ。東芝の相談役は80歳未満の社長や会長の経験者が就く。同社は会計不祥事を受けて9月末に就任した室町正志社長のもとで事業のリストラを進めているが、かねてOBの影響力が強いと指摘されている。制度の廃止で経営体制の刷新をアピールする狙いがある。

17日開いた日本郵政の記者会見で西室氏は「私の相...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り370文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン