/

カメラのキタムラ、20店超を一斉閉店へ スマホ販売不振で

写真用品店「カメラのキタムラ」を運営するキタムラが、2月末までに少なくとも22店を閉めることが17日分かった。本業のカメラ関連が伸び悩むなか、力を入れていたスマートフォン(スマホ)の販売が落ち込んでいるためとみられる。端末代を「実質0円」とする値引きを規制した総務省の指導がスマホの売れ行きを直撃し、大量閉店に追い込まれた格好だ。

2016年9月末時点でカメラのキタムラは全国に約850店あった。16年4~9月の閉鎖は12店だった。16年4~12月の累計売上高は約956億円で15年の同期比10.2%減っている。

キタムラは「店舗体制は常に見直している。直近の退店の状況はコメントできない」としている。すでに閉店した店の社員は配置転換などで継続雇用する方針だ。

調査会社によると16年4~9月期の国内のスマホ出荷台数は15年同期比で8.4%減。実質0円規制に加え、高性能化で買い替えサイクルが延びたことも響いている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン