/

低糖質食品「ロカボ」マーク公表 普及団体

江崎グリコローソンなどが加盟する低糖質食品の開発と普及をめざす団体「食・楽・健康協会」は都内で17日、緩やかな糖質制限「ロカボ」を普及するために作成したマークを公表した。低糖質食品やイベントなどで使っていく考えだ。

同協会代表理事の北里大学北里研究所病院の山田悟・糖尿病センター長は、ロカボマークの作成が「低糖質食品の種類が増え、糖尿病や肥満の予防につながってほしい」と話した。同日から19日まで東京交通会館(東京・千代田)でロカボに対応した食品を集めた「ロカボマルシェ」を開く。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン