/

任天堂のキャラクターでスマホゲーム DeNAと提携

資本業務提携を発表し握手する任天堂の岩田社長(右)とディー・エヌ・エーの守安社長兼CEO(17日午後、東京都港区)

任天堂は17日、ディー・エヌ・エー(DeNA)と資本・業務提携の締結について合意したと発表した。任天堂とDeNAが株式を持ち合い、任天堂の保有するキャラクターなどを使ったスマートフォン(スマホ)向けゲームを共同開発する。任天堂はDeNAに10%、DeNAは任天堂に1.24%をそれぞれ出資する。出資額はともに220億円。

「極めて強力な組み合わせ。早期に複数のヒットタイトルを生み出す」。同日都内で記者会見に出席した任天堂の岩田聡社長はディー・エヌ・エー(DeNA)との資本・業務提携の意義を強調した。

任天堂はこれまでゲーム専用機に提供していたゲームのキャラクターやゲーム作品といったIP(知的財産)を活用したスマホ向けゲームをDeNAと共同開発する。内容は既存ゲームと同じものではなく「同じIPを活用するにしても全く別のタイトルを作る」(岩田社長)。

これまで岩田社長はスマホ向けゲームの開発に慎重だった。岩田社長は「スマートデバイス向けコンテンツは(売りきりの)製品としてだけでなくサービスとして継続的に運営する必要がある。やる以上は絶対の勝算をもって望みたいと考えていた」と説明。DeNAと組むことで「任天堂なりの答えが出せた」と話した。

DeNAの守安功社長は「大規模な利用をさばくシステム構築と運営の能力、すきま時間の利用に適したサービス設計能力を評価してもらえた」と説明した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン