2018年1月18日(木)

ANA系LCCのバニラ、東南アジア進出 台湾拠点に

2016/2/18 2:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 ANAホールディングス傘下の格安航空会社(LCC)、バニラ・エアは東南アジアに路線網を広げる。台湾の台北を成田空港に次ぐ第2の拠点と位置付け、10月以降に台北と東南アジアを結ぶ路線を設ける。国内LCCが海外の都市間で国際線を運航するのは初めて。バニラは台湾を足がかりに遠方の路線に進出して集客力を高める。

 バニラは現在、座席数180席の欧州エアバス製小型機「A320」を8機保有し、成田と札幌、那覇…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報