ポーラ、国内初「しわ改善」美容液 厚労省が認可

2016/11/17 21:19
保存
共有
印刷
その他

ポーラ・オルビスホールディングス傘下のポーラ(東京・品川)は17日、シワを改善する効果のある美容液を2017年1月に発売すると発表した。シワの原因となる酵素の働きを抑える有効成分を美容液に配合。薬用化粧品として厚生労働省の認可を受けた。初年度に単一商品として同社最大となる100億円の売り上げを目指す。

新商品「リンクルショット メディカル セラム」はニールワンという有効成分を配合した。肌のシワは紫外線などの外部刺激が肌に炎症を起こすことによってできる。ニールワンは、肌に弾力を与えるコラーゲンやエラスチンなどを分解する「好中球エラスターゼ」と合体、シワができる働きを抑えられるという。

20グラム入りで価格は1万6200円。全国の百貨店やポーラの専門店で販売する。

45~60歳の日本人女性68名を対象にテストしたところ、7割がシワを改善したという。

シワの改善のほか予防する効果も見込めるため、中高年だけでなく20代後半以上の女性を中心ターゲットとして売り込む。ポーラの中心顧客層は40代。横手喜一社長は「これまで接点がなかった消費者にポーラを知ってもらう戦略的商品」と位置づける。発売から2年間は国内限定で販売するが、将来は海外展開も視野に入れる。

これまでシワの改善に対処できるのは医療に限られていた。化粧品では「目立たなくする」などの表現が認められていたが、今回の薬用化粧品で「改善する」という効能表現が初めて認められた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]