/

日清食品HD、社員食堂でマグロ解体ショー

日清食品ホールディングス(HD)は17日、本社の社員食堂「カブテリア」でマグロの解体ショーを開いた。同社の株価動向によって提供するメニューを入れ替える珍しい食堂で、今回は4月の平均株価を5月31日の終値が上回ったため「ご褒美デー」と銘打ちショーを実施。新鮮な刺し身などを社員に振る舞った。

カブテリアの発案者でもある日清食品の安藤徳隆社長は同食堂を「社員が楽しみながら、自分の会社の株価や事業に興味を持ってもらう意識改革の場にしたい」と話す。3月30日から営業を始めた同食堂は1日の利用者数がリニューアル前に比べ3割増えたという。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン