/

ポケモン最新作、初回出荷が1000万本突破

ポケGO効果追い風

ゲームの企画開発を手がけるポケモン(東京・港)は17日、18日に発売となる最新作のゲーム「ポケットモンスター サン・ムーン」の初回出荷が1000万本を突破したと発表した。2013年に発売した「ポケットモンスター X・Y」の1.5倍にあたるという。今年7月に配信したスマートフォンゲーム「ポケモンGO」の人気が追い風となり、欧米地域で事前予約が好調だった。

「ポケットモンスター サン・ムーン」はサン版とムーン版の2種類があり、登場するモンスターに違いがある。ニンテンドー3DSで遊ぶゲームソフトで、9言語に対応する。価格は税別4980円。ポケモンGOの大ヒットで、長らくポケモンシリーズを遊んでいなかった人を呼び戻したり、ポケモンになじみがなかった地域の消費者を取り込んだりできたと見られる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン