/

富士通、ITで体操の技判定 東京五輪にらむ

富士通は17日、体操競技の技の出来を自動で判定できるIT(情報技術)システムを開発したと発表した。体操の技は目視による判定が難しくなるほど高度になっている。新システムを使えば、採点作業の精度を向上させるだけでなく、選手の練習・指導も充実させられる。2020年開催の東京五輪を控え、ITをスポーツ競技に役立てる動きが広がってきた。

開発したシステムは、「3Dセンシング」と呼ばれる技術を使う。レーザーセンサーが競技者に当たって返ってくるまでの時間を1秒間に230万回測定し、人の位置や体勢を認識。骨格の動きを測定して、自動採点に使っていく。

これまでは選手がセンサーを体に付けてデータを取得する解析方法はあった。しかし、「センサーをつけて体を動かすことに違和感がある」「練習中にしか、利用できない」などの問題があった。今回の富士通のシステムは、そうした難点を解消できる。

日本体操協会(東京・渋谷)の二木英徳会長は、自動判定システムを使うメリットについて「体操の技術は進歩し、超人的になっている。ひねりの回数などを目視だけで判定するのは困難で、自動判定システムは採点の助けになる」と話している。

一方、採点用に取得する映像は、選手の練習や指導にも活用できるという。富士通が17日に開いた記者会見に出席した国際体操連盟の渡辺守成理事は「3次元で動きが見えるのが革新的。着地などで微妙な調整ができ、技の完成度が上がる」と期待を寄せている。

富士通は日本体操協会からデータの提供を受け、秋から実証実験を開始する予定。20年の東京五輪で体操競技の採点作業で使ってもらうことも目指している。さらに、体操向けにつくった今回のITシステムをフィギュアスケートなど他の判定競技でも使えるように今後も開発を進めていく方針だ。

東京五輪の開催決定をきっかけにスポーツ分野のIT活用に動いているのは、富士通だけではない。パナソニックは昨年、プロスポーツ向けのクラウドサービス事業に参入した。傘下のバレーボール実業団チームでは、所属選手のバイタルデータなどを集め、トレーニング内容の決定などに利用している。

(中尚子)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン