/

この記事は会員限定です

JR東、東北・上越新幹線改修に1兆円 31~40年度

[有料会員限定]

東日本旅客鉄道(JR東日本)は17日、2031~40年度に東北・上越新幹線の土木構造物を大規模改修する方針を固めた。老朽化する橋梁やトンネル、崖を固める壁などが対象で、総工費は1兆円規模になるとみられる。16~30年度に数千億円の引当金を積み立て、多額の工事費の負担に備える。両新幹線は開業から30年超が経過しており、基幹交通インフラの安全性を保つため巨費を投じる。

東北新幹線の東京―盛岡間と上越新...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り685文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン