/

この記事は会員限定です

新国立再入札、竹中・清水・大林で連合 大成は隈研吾氏と

[有料会員限定]

整備計画が仕切り直しになった新国立競技場の設計や建設の事業者を決める再入札に、大手ゼネコン(総合建設会社)の竹中工務店と清水建設、大林組が共同企業体(JV)を組んで応札する調整を進めていることが17日、分かった。いち早く参加を表明していた大成建設は建築家の隈研吾氏などと組む見通しだ。

再入札は設計と建設を一貫して担うチームを募る。竹中工務店などの連合は、大手設計事務所の日本設計(東京・新宿)と建築...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り546文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン