/

この記事は会員限定です

トイレの空き状況、IoTで把握 伊藤忠系など開発

[有料会員限定]

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)はトイレの個室の空き状況や利用時間をスマートフォン(スマホ)などを通じて把握できるオフィスビル向けサービスを三井不動産と開発した。三井不の物件など都内のビルを中心に販売する。

サービスの名称は「IoTトイレ」。個室のドアの開閉を検知するセンサーとセンサーからの情報を集約する「ゲートウエイ」と呼ばれる機器をトイレに設置。ドアの開閉やその時刻といったデータをクラウド上で集計し、スマホやパソコンから見ら...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り296文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン