2019年8月21日(水)

トイレの空き状況、IoTで把握 伊藤忠系など開発

2016/10/14 23:42
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)はトイレの個室の空き状況や利用時間をスマートフォン(スマホ)などを通じて把握できるオフィスビル向けサービスを三井不動産と開発した。三井不の物件など都内のビルを中心に販売する。

サービスの名称は「IoTトイレ」。個室のドアの開閉を検知するセンサーとセンサーからの情報を集約する「ゲートウエイ」と呼ばれる機器をトイレに設置。ドアの開閉やその時刻といったデータをクラ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。