東芝メディカル、乳がん検診のガイドソフト

2016/4/18 23:41
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東芝メディカルシステムズは乳がん検診に使うX線検査装置「マンモグラフィー」の撮影画像を基に、どこから超音波診断装置を乳房に当てればよいかをガイドするソフトウエアを開発した。独自のプログラムで必要な箇所を表示する。マンモと超音波を併用して早期の乳がん発見につなげる場合、これまでは医師や技師の経験や力量に左右されていた。

「エコースキャンガイド」を同社製マンモグラフィー…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]