2019年9月18日(水)

NTT、渋滞や混雑を即時予測 ビッグデータ分析活用

2015/2/16付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

NTTは膨大な情報の塊であるビッグデータを活用し、交通渋滞を防いだり大規模イベントの来場者の流れを円滑にしたりする事業を始める。自動車や歩行者などの情報を解析し数分~数時間後にどういう状況になるかを即時に予測。それに基づき交通信号などを制御する仕組みを提供する。2015年度からシステムやサービスの販売を始め、6年間で400億円程度の売上高を目指す。

たとえば、道路センサーやカーナビゲーションシス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。