/

アマゾン、米高級スーパーを1.5兆円で買収

【シリコンバレー=中西豊紀】インターネット通販最大手の米アマゾン・ドット・コムは16日、米高級スーパーのホールフーズ・マーケットを137億ドル(約1兆5000億円)で買収すると発表した。実店舗チェーンを傘下に収めることで、ネット販売にとどまらない巨大小売業が誕生する。アマゾンの流通事業は「ネットとリアル」が融合した次の段階に入る。

ホールフーズ株を1株あたり42ドルの現金で買い取る。2017年後半に買収手続きを終える計画だ。トムソン・ロイターの調べによると、アマゾンが手がけた買収では過去最大となる。アマゾンのジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)は同日「ホールフーズは(今後)アマゾンの中で同様に仕事を続けていく」と述べ、店舗事業拡大への意欲をにじませた。

ホールフーズは1978年に米テキサス州オースティンで創業した高級スーパー。有機野菜など食の安心・安全にこだわった生鮮品を多くそろえ、中高所得者層に人気がある。米国のほかカナダや英国にも店舗網を広げ、現在は460店超を運営している。16年9月期の売上高は約157億ドル。買収後も「ホールフーズ」の店名は維持し、ジョン・マッキー最高経営責任者(CEO)も会社に残る。

94年に書籍のネット通販から始まったアマゾンは、その後買収を繰り返しながら取扱商品や物流システムの拡大を続け、ネット通販最大手の地位を築いた。近年は本を扱う実店舗を米シアトルやニューヨークなどに構え、ネット上にとどまらない「リアル」な物販事業にも乗り出している。

さらに人工知能(AI)と課金システムなどを組み合わせることで、来店客がレジに寄ることなく買い物の精算を済ませられるコンビニエンスストアも実証実験中だ。

アマゾンのクラウド事業を除く16年度決算の売上高は約1240億ドルに達する。ホールフーズがアマゾンのインフラを使って生鮮品のネット宅配を始めれば、米ウォルマート・ストアーズなど食品を扱う既存の小売業にとって大きな脅威となる。

アマゾンなどネット通販の成長はすでに米国で百貨店やショッピングセンターの経営に影を落としており、今年に入ってメーシーズやJCペニーなどが大量閉店に追い込まれた。アマゾンがネットも店舗も使いこなす巨大な複合流通企業に変貌を遂げれば、米国内で流通再編が一段と進む可能性がある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン