/

この記事は会員限定です

ヤオコーが農業に参入 収穫野菜を当日販売

[有料会員限定]

食品スーパーのヤオコーは農業に参入する。本社や物流施設がある埼玉県内で農地を借り、キャベツやレタスなどを生産する。朝収穫した野菜をその日の夕方に店頭で販売する。生産から流通まで自社管理する新鮮な食材で安心・安全を訴え、店舗の競争力を高める。

農地中間管理機構(農地バンク)の制度を活用し、まず埼玉県寄居町に1.8ヘクタールの農地を確保した。2017年3月期中に5ヘクタール、3年後には15ヘクタールま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り205文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン