/

豪企業「川重が不払い」 LNG事業の工事中止

【シドニー=高橋香織】オーストラリアで国際石油開発帝石(インペックス)が開発する液化天然ガス(LNG)事業「イクシス」向けに、北部ダーウィンで低温タンクを建設中の豪建設大手ラング・オルークは16日までに、共同事業相手である川崎重工業の「代金未払い」を理由に工事を中止したと発表した。4基のタンクは「工事の最終段階」(ラング社)にあり、2016年6月としていた完成はさらに遅れる可能性がある。

ラング社は日本経済新聞に「過去4カ月分の代金が支払われていない」と語った。数週間にわたる交渉を経て先週、日本で行われた両社の会談が「満足のいく結果に至らなかった」として、15日に工事を中止し、作業員約800人を現場から引き揚げた。作業員は自宅に戻したり、他の建設事業に再配置したりしたという。

地元紙は川崎重工による設計変更が対立の発端だとし、未払い代金は1億7000万豪ドル(約150億円)に上ると報じた。川崎重工は16日現在でコメントしていない。

川崎重工とラング社は12年、イクシスの生産施設を建設するJKC(日揮千代田化工、米KBRによる共同事業体)からLNGタンクと液化石油ガス(LPG)タンクを計4基受注。イクシスの生産開始予定は当初の16年末から17年7~9月期に延期されている。

イクシスは豪州沖合の天然ガスを陸上で液化し日本などに出荷する。年産890万トンを予定し、40年間の稼働を見込んでいる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン