/

この記事は会員限定です

タカタ賠償責任、誰が負う 負債を新会社引き継がず

[有料会員限定]

民事再生法の適用申請により、大幅な債務カットなど裁判所の管理下で再建を目指すタカタだが、課題もある。民事再生手続きが始まった後に発生したエアバッグの破裂事故に対し、損害賠償などの責任を誰が負うのかという問題だ。

タカタが描く再建策では、スポンサーが設立する新会社がタカタから事業を買い取り、エアバッグやシートベルトなどの生産・販売を継続する方針だ。新会社は別法人となり、リコール債務などの負債は引き継がない...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り437文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン