のぞみ・ひかり、すべて「N700A」に 喫煙車両消滅

2016/12/16 19:55
保存
共有
印刷
その他

東海旅客鉄道(JR東海)は16日、2017年3月4日のダイヤ改正で、東海道新幹線の定期列車「のぞみ」と「ひかり」の車両すべてを「N700A」タイプにすると発表した。臨時列車を除き、のぞみとひかりから喫煙車両がすべて消えることになる。新車両は高速走行ができ、のぞみとひかりの約4割が3分短いダイヤになる。

N700Aタイプは最高時速285キロで走行する。新ダイヤではのぞみは午前7時台~午後8時台に発車する東京―新大阪の26本、および早朝の2本で所要時間が3分短くなる。ひかりも23本が3分短縮となる。この結果、のぞみの41%と、ひかりの37%が3分短いダイヤとなる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]