/

ネット広告、初めてテレビ上回る 18年の世界市場

電通は16日、2018年の世界の広告市場が4.3%増の5876億ドル(約65兆2200億円)になるという予測を発表した。ネット広告は全体の37.6%を占め、初めてテレビ広告(35.9%)を上回る。スマートフォン(スマホ)の普及などでネット広告の高い伸びは続いており、広告のデジタルシフトはますます進みそうだ。

ネット広告では17年にスマホなどモバイル向けの広告が56%に達し、パソコン向けを抜く見通し。中でも交流サイト(SNS)に表示される広告や動画広告が急速に伸びている。

17年の世界の広告市場は3.8%増の5634億ドル(62兆5900億円)と前回の予測(16年9月時点)より伸び率が鈍化した。18年は韓国・平昌での冬季五輪やロシアで開催されるサッカーのワールドカップといった大きなスポーツイベントがあり、伸び率は17年を上回ると予測する。

調査は電通の子会社で海外事業を統括する電通イージス・ネットワークが実施。59カ国・地域の広告費の成長率を分析、推計している。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン