/

ニコン、米3DプリンターVBに10億円出資

ニコンは16日、3Dプリンターを手掛ける米国のベンチャー企業、カーボン3D(カリフォルニア州)に1000万ドル(約10億円)を出資したと発表した。カーボン3Dは、独自の手法で樹脂を固めることで従来より最大100倍の速さで造形物を作る技術を持つ有力ベンチャー。

ニコンはX線やレーザーを使い、自動車などの精密部品を非破壊で調べる3次元計測装置を手掛けている。出資を通じ、3Dプリンターとの連携を探る。カーボン3Dの日本やアジアにおける市場開拓も支援する。

ニコンのほか、米ゼネラル・エレクトリック(GE)や独BMW、日本のJSRもカーボン3Dに出資した。新規出資は総額8100万ドル。高速に造形できるだけでなく品質面でも優れており、注目を集めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン