JTBの顧客情報流出、ウイルス発信源は中国か

2016/6/16 23:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

JTBへのサイバー攻撃に使われたコンピューターウイルスが過去に日本の防衛産業などに対する攻撃に使われたものと同種の「プラグX」と呼ばれるものであることが16日分かった。JTBは今回、最大793万人分の顧客情報が流出した懸念がある。情報セキュリティー企業によると、過去のプラグXの発信源をたどると多くの場合、中国が浮かび上がったという。

JTBには問題発覚から2日がたった16日も顧客からの問い合わせ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]