/

この記事は会員限定です

スマホ「官製不況」再来か 総務省素案にメーカー警戒

07年にも販売激減の経験

[有料会員限定]

携帯電話料金の引き下げ策に関する総務省の有識者会議が16日、素案をまとめた。スマートフォン(スマホ)の新規購入客に対するキャッシュバックを制限する一方、同じ端末を長く使う利用者などの負担を軽減する料金プラン新設を通信各社に求める内容。携帯端末メーカーにとっては買い替え需要の減少に直結しかねない。かつて経験した"官製不況"の再来に神経をとがらせることになりそうだ。

「今後もこういうことができるかは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り943文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン