/

この記事は会員限定です

タカタ、迷走に区切り 支援企業と再建策詰め

[有料会員限定]

タカタは法的整理を日本や米国で申請し、中国系の米部品大手の傘下で再建をめざす。スポンサーの資金支援を得ながら事業を継続する新会社と、リコール(回収・無償修理)債務を弁済する旧会社に分ける。創業家による「迷走経営」に一区切りつくが、エアバッグの破裂事故が将来発生した際に誰が賠償責任を負うかなど課題も残る。

中国・寧波均勝電子傘下の米自動車部品大手、キー・セイフティー・システムズ(KSS)が新会社を設立する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り755文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン