/

トヨタ、熊本の農業法人との資本提携発表

農業ベンチャーの果実堂(熊本県益城町)は16日、トヨタ自動車と資本業務提携したと正式発表した。トヨタは果実堂に3.7%出資し、農業分野でも製造現場で無駄を省く「カイゼン」など自動車で培ったノウハウを生かす。トヨタは出資によって「経営状況や支援の実効性を把握でき、より農業への知見を深められる」とみている。

果実堂はベビーリーフを年間500トン生産し、2014年度の売上高は約10億円の見込み。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン