電通、人員増強に25億円 労働環境を改善

2017/2/16 20:10
保存
共有
印刷
その他

電通は16日、都内で決算説明会を開き、2017年12月期に人員増強で25億円を投じると明らかにした。中途採用や有期雇用契約などで人材を200人以上増やし、新規採用も進める。

省力化に向けたシステム開発やオフィスの整備などにも40億円超を投じる。一部業務を機械化するためシステム投資を増やすほか、老朽化したビルから一部部門を移し、オフィス環境も改める。中本祥一副社長は「18年12月期も人員増強の費用が一部残る」と述べた。

電通は過重労働問題を受け、17年12月期に70億円かけ労働環境を改善する方針を公表済みで、今回はその内訳を示した。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]