/

この記事は会員限定です

住友不動産、住宅イメージを立体画像に 仮想現実などで販促

[有料会員限定]

住友不動産は戸建て住宅の完成イメージなどを立体画像にして顧客に提案するサービスを始める。建物などにコンピューターグラフィックス(CG)映像を投映して立体的に見せる「プロジェクションマッピング」や、頭部に装着し仮想現実(VR)を楽しむヘッドマウントディスプレーを使う。全国の展示場に導入し、戸建て注文住宅の販売促進につなげる。

展示場内にある住宅にプロジェクションマッピングの投映に使う部屋を設ける。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り199文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン