東芝、「リストバンド」で認知症予防 大分大と研究

2015/4/16付
保存
共有
印刷
その他

東芝は16日、大分大学と共同でリストバンド型センサーを使って認知症の予防につなげる研究を開始すると発表した。認知症の発症には生活習慣が関わっていると考えられている。1000人を対象にリストバンドから活動量や睡眠時間などの正確なデータを集め、認知症との因果関係の解明を目指す。

研究には軽度の認知障害がある200人を含めた1000人が参加する。リストバンドから得られるデータのほか体重や血圧の情報を収集。画像診断装置を利用し、認知症の発症に関わるとされる脳内のたんぱく質の量や認知機能検査のデータと突き合わせることで、認知症のリスクを高める行動パターンなどを分析する。従来の研究では、日常生活に関するデータは聞き取り調査が大半だった。

東芝は実証研究の過程で得たデータ解析のノウハウを生かし、2020年までに認知症関連の新サービスの実用化を目指す。認知症になるリスクを引き下げたい自治体や健康機関向けを想定している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]