/

センサー付き眼鏡で従業員の集中度を管理 JINS

眼鏡専門店「JINS」を運営するジェイアイエヌは16日、センサー付き眼鏡を使って従業員の集中度合いを可視化するサービスを来年4月に始めると発表した。視線の動きなどから算出した集中度をアプリ上で一括管理できる。社員の状況を細かく把握し、生産性を高められるとして企業に売り込む。

センサー付き眼鏡「JINS MEME(ジンズ・ミーム)」と、フォンアプリ(東京・港)のweb電話帳アプリを連携させる。

社員の集中度合いをリアルタイムで表示することで、同僚らは電話や会話をしていいタイミングかどうか確認できる。社員間のコミュニケーションを効率化し、生産性向上につなげる。

来年1月から共同実験に参加する企業を募り、4月に正式にサービスを始める。主にオフィスでの利用を想定しているが、将来は工場や運送業などへの応用も見込む。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン