/

この記事は会員限定です

「製造業革命」日本に焦り IoT、独はオープン方式で実績

[有料会員限定]

部品や生産装置などあらゆるモノをネットワーク化してデータを集め、生産効率を大幅に高めるドイツの「新・産業革命」に、日本企業が危機感を募らせている。ドイツで開かれた世界最大級の産業見本市では、開発期間短縮など国を挙げた技術開発の成果をアピール。同じ構想は描いていても企業がそれぞれ「独自の戦い」をしている日本とは対照的だ。

産業見本市「ハノーバーメッセ」で15日に開かれた日独経済フォーラム。独連邦経済...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1312文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン