ドール、野菜のケール新品種 苦み少なくサラダでも

2014/12/18付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

青果物販売大手のドール(東京・千代田)は2015年1月から青汁(緑黄色野菜をすりつぶした搾り汁)などの材料になるケールの新品種の輸入販売を始める。苦みが少なく食べやすい品種で、果物や野菜で作るシャーベット状の飲み物「スムージー」やサラダ用などに提案していく。

米国で契約農家が栽培したものを同社が買い取り、全国のスーパーや百貨店、外食店などに販売する。店頭価格は1束(200グラム)300円前後を想…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]