リコー、古いコピー機を中国で再生 イメージ向上狙う

2015/7/16付
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 リコーは更新時に回収した古いコピー機を日本などから中国に運び、再生機として組み立て直して販売する体制を整える。使用済みの製品を輸入して再生・販売する許可を中国で取得した。従来は日米欧で地域ごとに完結させていた再生サイクルを国境を越えて広げる。企業の社会的責任(CSR)やイメージ向上の目的に加えて、一定の収益も見込めるとみる。

 リコーが扱うのはコピーとファクスなどの機能が一体の複合機。中国では再生…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《締切迫る》秋割実施中。日経電子版が10月末まで無料!

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

リコーコピー機CSR中国

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 16日 7:01
16日 7:00
東北 16日 7:01
16日 7:00
関東 16日 7:01
16日 7:01
東京 16日 7:01
16日 7:00
信越 16日 7:01
16日 7:01
東海 19日 21:45
19日 21:30
北陸 19日 21:54
16日 6:32
関西 19日 12:48
16日 6:01
中国 19日 10:53
16日 7:01
四国 19日 12:58更新
16日 7:01
九州
沖縄
19日 22:47
19日 22:42

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報