2019年1月21日(月)

KADOKAWAが300人の希望退職を募集

2015/1/16付
保存
共有
印刷
その他

KADOKAWA・DWANGO(角川・ドワンゴ)傘下のKADOKAWAは16日、300人程度の希望退職者を募集すると発表した。主力の出版事業が振るわないなか、これまでの企業再編で発生した業務の重複や人員の偏在を解消して経営をスリム化する。今後は昨年10月に経営統合したドワンゴとの連携を深め、デジタル事業を強化する。

対象となるのは、3月31日時点で41歳以上かつ勤続5年以上の正社員。3月2~20日に募集し、4月末の退職となる。現在、同社の正社員は約2000人で、今回の募集人数は約15%にあたる。退職者には特別支援金を支給し、支援会社を通じ再就職支援も実施する。

同社はこれまで、出版やゲーム制作など自社の主力事業に関連する企業の買収や合併を繰り返し実施。2013年10月に角川書店やアスキー・メディアワークスなどの連結子会社9社を吸収合併したことで、業務の重複や人員の偏在が生まれていた。

主力の出版事業は、文庫本の販売減や返本率の上昇で、14年3月期は減収・営業減益だった。出版市場は縮小傾向が続いており、人員の削減が必要と判断した。今後はドワンゴとの連携を深め、両社が持つコンテンツの多重活用などを通じて収益力を高める。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報