/

「すき家」が百貨店内に出店 群馬、牛丼チェーンで初

ゼンショーホールディングスは16日、群馬県高崎市の地方百貨店、スズラン高崎店内に牛丼店「すき家」を開業すると発表した。大手牛丼チェーンが百貨店内に店を構えるのは初めて。24日から営業を始める。群馬県産和牛を使った「和牛弁当」(1080円)など同店限定商品を販売する。

飲食できる席があり、持ち帰り牛丼も販売する。牛丼は輸入牛肉を使うが、より上質な部位を使うという。並盛りは通常のすき家より20円高い370円で販売する。百貨店の主要顧客であるシニア層に対して「すき家」の認知度向上を図る。同店での実績を踏まえ、他の百貨店への出店も検討する。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません