/

この記事は会員限定です

ヨーカ堂、農産物の安全認証 取引先の全生産者に取得後押し

[有料会員限定]

イトーヨーカ堂は野菜や果物の生産者に対し、農産物の安全認証の取得を促す。2020年2月期末までに取引がある約6千人の生産者が取得するよう目指す。先行して自社グループの全12農場でも18年春までに取得を終える計画だ。小売・食品業界で安全認証を採用する動きが広がっており、ヨーカ堂も店頭で売る農産物の安全・安心アピールにつなげる。

「JGAP」と呼ばれる安全認証の取得を進める。同認証は農林水産省などが導...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り416文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン