/

この記事は会員限定です

日本原電、東西で分社検討 運転・廃炉請負で経営再建

[有料会員限定]

原子力発電専業の日本原子力発電は国内の原発事業を東西で分社する検討に入った。持ち株会社を新たに設立し、傘下に原発の運転から廃炉まで手がける2つの事業会社をぶら下げる。国内に2種類ある原子炉別に技術や人材を配置して専門性を高め、ほかの電力会社から原発の運転や廃炉作業を請け負う。新たな収入源を確保し経営再建につなげる。

原電は保有する全3基の原発が停止している。発電量はゼロだが、電力を販売する契約を結...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り489文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン