JR東日本、豪華寝台列車「四季島」内装を公開

2017/3/16 16:30
共有
保存
印刷
その他

 東日本旅客鉄道(JR東日本)は16日、5月1日に運行を始める豪華寝台列車「トランスイート四季島」の車両インテリアを発着駅となる上野駅で公開した。木材や和紙などの伝統的な素材を生かしながら、モダンな和の雰囲気を醸し出していた。

 最高級客室の「四季島スイート」は2層のつくりのメゾネットタイプ。2階には掘りごたつを配し、車窓からの移りゆく景色をゆっくりと楽しめる。浴室には檜(ひのき)風呂も備えた。

 ラウンジは、樹木を思い起こさせる壁のデザイン。東日本の伝統工芸品を調度品としてふんだんに取り入れた。

 車両の開発製造費や上野駅の専用ホームなど関連施設を含めた事業費は約100億円。

 同日の内装公開に先立ち、シャンパンゴールドの華やかな外装の車両が上野駅のホームに入る姿も披露した。

 JR東日本の太田朝道常務執行役員はあいさつで、「これまでにないサービスを結集し、新たな感動の旅を提供していきたい」と語った。

 旅行代金は、3泊4日の四季島スイートの場合で最高95万円(2人1室利用時の1人あたり)。5~11月出発分までは完売し、現在12月~来年3月分を販売している。直近、9~11月出発分の申し込み平均倍率は3.26倍だった。(新沼 大)

専用の「13.5番線ホーム」。乗降口へと続く回廊は、旅への期待を高めてくれる(16日、JR上野駅)

専用の「13.5番線ホーム」。乗降口へと続く回廊は、旅への期待を高めてくれる(16日、JR上野駅)

「トランスイート四季島」の乗降口。真っ赤なじゅうたんの先にはラウンジが広がる(16日、JR上野駅)

「トランスイート四季島」の乗降口。真っ赤なじゅうたんの先にはラウンジが広がる(16日、JR上野駅)

「トランスイート四季島」のラウンジ。樹木を思い起こさせる壁のデザインを採用した(16日、JR上野駅)

「トランスイート四季島」のラウンジ。樹木を思い起こさせる壁のデザインを採用した(16日、JR上野駅)

「トランスイート四季島」のラウンジのバーカウンター(16日、JR上野駅)

「トランスイート四季島」のラウンジのバーカウンター(16日、JR上野駅)

「トランスイート四季島」の食堂車(16日、JR上野駅)

「トランスイート四季島」の食堂車(16日、JR上野駅)

最高級客室「四季島スイート」。メゾネット構造で、1階は寝室、2階は畳敷きの居間となっている(16日、JR上野駅)

最高級客室「四季島スイート」。メゾネット構造で、1階は寝室、2階は畳敷きの居間となっている(16日、JR上野駅)

室内には水蒸気で炎を演出する暖炉のオブジェが飾られている(16日、JR上野駅)

室内には水蒸気で炎を演出する暖炉のオブジェが飾られている(16日、JR上野駅)

「トランスイート四季島」の先頭と最後尾にある展望車。4面ガラス張りで沿線の景色を楽しめる(16日、JR上野駅)

「トランスイート四季島」の先頭と最後尾にある展望車。4面ガラス張りで沿線の景色を楽しめる(16日、JR上野駅)

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:00
7:00
東海 11:13
7:05
北陸 7:01
7:00
関西 6:30
6:00
中国 6:00
5:59
四国 10:57
6:00
九州
沖縄
6:00
21日 22:48

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報