/

この記事は会員限定です

「知のタッグ」でVB創出、経団連と東大

[有料会員限定]

技術革新の新たな種まきが始まった。主導するのは東京大と日本経済団体連合会(経団連)。16日、新しい技術やサービスの担い手となるベンチャー企業(VB)の育成に向けた取り組みで協力すると発表した。日本の学術研究でトップを走る東大と、人材と資本力に厚みがある大企業の「知のタッグ」で新たな産業を生み出すことはできるだろうか。

東大と経団連は「東大・経団連ベンチャー協創会議」を発足、16日には早速、1回目の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1303文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン