2019年1月19日(土)

ルネサス、名門女子ソフト部をビックカメラに移管

2014/10/16付
保存
共有
印刷
その他

半導体大手のルネサスエレクトロニクスは16日、日本代表選手を輩出する名門チームの「高崎女子ソフトボール部」を家電量販大手のビックカメラに移管することで基本合意したと発表した。2015年1月1日付で「ビックカメラ女子ソフトボール部(仮称)」として再出発する。

ルネサスのソフト部は群馬県高崎市に本拠地を置き、前身となる「日立高崎女子ソフトボール部」として1981年に創部された。日本リーグなどで優勝経験が多い。

現在も、五輪2大会で女子日本代表監督を務めた宇津木妙子氏がシニアアドバイザーを務め、北京五輪で金メダルを獲得した日本代表チームのエース、上野由岐子選手が投手兼コーチとして在籍する。ビックに移管後も本拠は変わらない。

経営再建中のルネサスは工場の統廃合や人員削減などの構造改革を進めており今回もその一環。同じく強豪チームのバドミントン部も、15年4月に再春館製薬所(熊本県益城町)に移管することを決めている。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報