IIJ、省エネ型データセンターをアジア展開 まずラオス

2014/9/18付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、アジアで省エネ性能の高いデータセンターの販売を始める。まずラオス政府に、構築費用が従来の半分で、消費電力も4割減らせるシステムを納入する。ネットの普及が進むアジア新興国ではIT(情報技術)インフラの構築が急務となる一方、電力網の整備が遅れ電気料金が急騰している。省エネ技術が強みの日本企業は需要を取り込めそうだ。

コンテナに100台前後のサーバーを収納した…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]