/

この記事は会員限定です

再生法 総会前急ぐ タカタ、早期収拾へ協議

[有料会員限定]

欠陥エアバッグの異常破裂問題で経営が悪化したタカタが、27日の株主総会前までに日米で法的整理の申請に向け調整を急いでいることが、16日明らかになった。リコール(回収・無償修理)費用の負担に加え、自動車メーカーからの注文も減っており、経営破綻する懸念が日増しに高まっているからだ。自動車メーカーも問題の長期化を懸念しており、事態の早期収束に向け社内での協議を急ぐ。

タカタは日本では民事再生法、米国子会社は連...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り509文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン