/

この記事は会員限定です

日本マクドナルド、給与体系見直し 実力主義を徹底

[有料会員限定]

日本マクドナルドホールディングスは4月から社員の給与体系を見直した。4段階の評価で給与を決める仕組みで、上から1、2番目の評価を得た社員の給与を増額する一方、3、4番目は減額する。増減幅はそれぞれ数%程度とみられる。成果主義を進め、社員の働く意欲を引き上げる。

対象となるのはグループの全社員、約2900人で管理職も含む。過半数の社員は給与が上がるため「今年の支払い総額は前年度より増える」(同社)という。

日本マクドナルドは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り196文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン